雨宿りで立ち寄った神社の神様に境遇を同情され、私は異世界へと転移した。異世界で生活するための知識が記された本とアイテムボックススキル、平均より上の魔力や体力を与えられて。
 転移したのは山の中。周囲に村等の気配はない。あるのは木と草と崖、土と空気だけ。でもこれでいい。私は他人が怖いから。
 本編は完結しました。現在は物語その後のお話を時々追加する形です。
 なおカクヨムでも投稿しています。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

884,617

評価pt

12,174

最終更新日

2023年01月12日 05時00分

掲載日

2021年09月01日 05時00分

この作家の更新小説