実に馬鹿らしい理由から、大陸屈指の超大国【フロイセル帝国】と戦争する羽目になった小国【ランド王国】。国土を着々と侵略する帝国軍に対して、ランド王国の軍は為す術なく蹂躙され、王都に向けて敗走していた。
そんな中、ランド王国継承権六位であり、庶子の第四王子であるルトは本隊を逃がす為の殿部隊を任せられた。
ルトが率いるのは、ルトの下で戦う為に進んで殿部隊に志願した五十三の兵士たち。迫り来るは、圧倒的な技術力を活かした装備に身を包んだ一万に届くであろう帝国軍。
ルトが率いる部隊に万に一つの勝ち目などなく、殿という名の命令も実際はただの捨て石。ルトが指揮官として任命されたのも、時間を稼げると信じられたのではない。ただ死んでも惜しくない、部隊指揮官に相応しい格だけは備えていたからに過ぎないのだ。なにせルトは生まれが庶子でありながら、図太く怠惰な性格から王族として最低限の仕事しかこなさない【無能王子】と呼ばれるダメ王子であったから!
だが、そんな無能で怠惰な王子様も、決して人の心が無い訳ではなかった。自分の為にわざわざ死地へと残った物好きな部下たちの為に、仕方なくルトは行動することを決意する。

──【無能】と呼ばれるルトには、恐るべき二つの隠しごとがあった。

これは怠惰を至上とする小国の王子が、激動の時代の中で自らの望む生活を手に入れる為に奮闘する物語。後世において歴史上の【覇者】の一人として数えられる、【冷徹怠惰】ルトの物語である!

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

モノクロウサギ

キーワード
ブックマーク登録

16,062

文字数

82,434

評価pt

7

最終更新日

2021年12月07日 00時01分

掲載日

2021年10月23日 20時22分

この作家の更新小説