魔術や錬金術が盛んな国の、人造生命をつくれる王女と、食欲の権化だけど剣は強い女従者。
 ふたりは今日ものんびりと学校に通い、揚げ菓子を食べたりぬいぐるみをつくったりしていた。

 そんなふたりのもとに、ゴスロリ少女があらわれる。
「あんたが男の為に革命起こして国を崩壊させたばか王女?」
「へあ?!」

 ゴスロリ少女は自称王女の子孫。
 王女のせいで、未来では錬金術が禁忌とされているという。み、みらいってなんですの?!

 はたして王女は破滅を回避できるのか。


 ©2021 弓良 十矢

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

弓良 十矢@お気に入りの作品は積極的に評価しよう!

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

16,717

評価pt

0

最終更新日

2021年11月14日 12時38分

掲載日

2021年11月14日 12時14分

この作家の更新小説