ふいに目覚めた或、夜夜中。
ネグリジェの上から上着を羽織り、バルコニーへ。
ちいさな星たちが闇夜を一生懸命に照らす、静寂の夜。

夜空のはしっこから、紅い流星がひとつ見え──────

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

380

評価pt

0

最終更新日

2021年11月25日 18時54分

掲載日

2021年11月25日 18時54分

この作家の更新小説