東京に転勤になってから、深夜に帰宅する日々。
言うまでもなく自炊する気力もないので、毎日のようにそして機械的に「赤いきつね」をすすって食事をとっていた。
そんな社畜生活なので、遠距離恋愛となっている彼女の茜音との連絡も疎遠になりつつあるが、責任は自分にあるので別れ話になってもやむなしと考えていた。

しかしある日、茜音からあるものが届いて――

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

今福シノ

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

3,442

評価pt

0

最終更新日

2021年11月25日 19時28分

掲載日

2021年11月25日 19時28分

この作家の更新小説