草木も眠る丑三つ時、栃木県某所の荒野で主人公は致命的なミスに気づく。

「お湯がない」

 これは、荒野でお湯を沸かしてインスタントの〝きつねうどん〟をつくることから始まる現代物のダークファンタジー。

主人公が選ぶのは、美少女と一緒にきつねうどんをすする、平穏で心温まる毎日か?それとも、復讐に生き、復讐に死ぬことか?

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

アサシン

キーワード
ブックマーク登録

19

文字数

4,815

評価pt

81

最終更新日

2022年09月23日 08時45分

掲載日

2021年12月09日 00時25分

この作家の更新小説