最近地震が多いと思ったリュウジはある日、「緊急持ち出し袋」を用意した。そのとき、ちょっと遊び心で「異世界召喚用緊急持ち出し袋」なんてものを準備したら、そのまま異世界の女神様に召喚されてしまった。
 気が付いたら、そこは神界だった。そこで女神様に神の力である神力(じんりょく)を与えられ、女神様の管轄する世界を救うべく一人下界へ送られた。しかし、そこは女神様の話とは違う、全くリュウジの価値観とは相容れない世界だった。この世界、どうしろと?

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

一星

キーワード
ブックマーク登録

108

文字数

590,639

評価pt

396

最終更新日

2022年10月05日 10時05分

掲載日

2021年12月18日 15時12分

この作家の更新小説