紋章によって魔法や特技の適性が決まる世界。そんな世界で、神聖ルクシア帝国の第六皇子アレクは幼少時から高い魔力の持ち主と将来を期待されていた。

だが、七歳のとき闇魔法に恩恵のある闇の紋章を授かり、周囲の評価は一変した。
闇の魔法は人間が使えばたちまち悪魔となってしまう魔法で、それに恩恵のある闇の紋章を授かったアレクは呪われていると周囲から嫌悪されてしまう。

人間不信となり次第に宮殿に引き籠るようになったアレクは、二十歳のとき帝国大反乱の日を迎える。
置き去りにされた彼は毒を口にして、最期に一目見たいと闇の魔法を使うが……

アレクは悪魔にはならず、闇魔法を扱えたのだった。

闇魔法を極めていればと後悔するアレクは、意識が闇に呑まれる中で願う────もう一度、やりなおしたいと。

これは呪われた紋章を授かった男が、人生をやり直す物語。

※カクヨムでも連載しています。

ハイファンタジー日間ランキング1位
ハイファンタジー週間ランキング1位
ハイファンタジー月間ランキング1位
総合日間ランキング2位
総合週間ランキング2位

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

苗原一

キーワード
ブックマーク登録

16,785

文字数

127,635

評価pt

61,054

最終更新日

2022年01月23日 01時06分

掲載日

2021年12月24日 19時07分

この作家の更新小説