目覚めると王妃教育が始まる日。
婚約者の侯爵令嬢から、あの手この手で王子を奪った子爵令嬢に転生してしまいました。
子爵令嬢という立場では婚約者にはなれないので多少の教養を身に付けてから何処かの貴族に養子にという表向きの言葉を信じ今日から王妃教育が施されます。
実際は厳しくされ、逃げ出すよう仕向け王妃に気に入られている侯爵令嬢を婚約者に戻す計画のようです。
その後、子爵令嬢は王子を誑かした罪により自身に見合った職業、娼婦にされるという大人達の思惑。

目覚めるのが早ければ王子なんて手出さないのに。
手を出した後。
このままだと娼婦。
その道を避けるには、出来るだけ真面目に王妃教育をこなし王族の怒りをこれ以上買わないようにし静かに身を引く。
せめて追放ぐらいにしてくれたらその後は一人で生きていきます。


王宮では恥知らずの子爵令嬢を出迎える準備が整っていた。
さぁ薄汚いメスよいらっしゃい、と恐ろしい笑顔で多くの人間がてぐすねひいて待ちわびていた。


転生した子爵令嬢は無事に平穏を手にできるのか?


1、2話がダラダラと長いのですが、どうにか乗り越えて欲しいです。
それ以降で面白くなかったら、面白くないと感想をください。
既にラストまで執筆済みです。
他にも「気が付けば今まさに断罪中…悪役令嬢がありとあらゆる嫌がらせをした後の令嬢になりました。この状況どうのりきればいいの?」の方も力をいれておりますのでよろしくお願い致します。
お気に入りや感想も頂けたら嬉しいです。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

天冨 圭音

キーワード
ブックマーク登録

10,813

文字数

114,890

評価pt

2,387,950

最終更新日

2022年01月14日 21時32分

掲載日

2022年01月02日 15時49分

この作家の更新小説