その病院には長期入院患者用の小児病棟がある。
 「わたし」はそこに入院していたが、退院の日取りが決まり、患者仲間達に祝われ、また別れを惜しまれていた。
 「わたし」が心配なのはひとつだけ。同じ病室の、引っ込み思案な女の子、「うーちゃん」だ。
 そんな時、病棟でひとが死んだ。


 ※この作品には犯罪描写があります。



 ©2022 弓良 十矢

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

弓良 十矢@お気に入りの作品は積極的に評価しよう!

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

10,388

評価pt

0

最終更新日

2022年02月02日 10時32分

掲載日

2022年02月02日 10時32分

この作家の更新小説