荒地派の詩人たちをあおぎ見て、拙いながら詩作を楽しんでいます。死と恋について、よぎっていく風景について。一日一作を出来るだけ志しますが、表題作だけでも読んでもらえたら嬉しいです。

ジャンル

その他

作家

koumoto

キーワード
ブックマーク登録

55

文字数

169,966

評価pt

72

最終更新日

2019年11月13日 20時59分

掲載日

2018年12月20日 08時14分

この作家の更新小説