剣と魔法の世界『アース』
物語の舞台となるのは、西大陸最大の国土を誇る、自然豊かな『緑』と『水』の国『セレスティア』の王都『コノノユスラ』。
この街には、1人のSランク冒険者がいた。

身体能力には恵まれなかったものの知識や戦術を磨き、史上最年少の21歳でSランク冒険者になった青年、シン・シルヴァー。
常に強さを追い求め続ける姿勢から、『探求者《シーカー》』の2つ名を与えられたシンは、ある春の日、盗賊団『血染めの髑髏《ブラッディスカル》』に襲われた村で、ただ1人生き残った少女、アイリスを保護する。

「…………許さない。お母さんを、皆を殺した『血染めの髑髏《ブラッディスカル》』…………絶対に許さない」
「お母さんの、皆の仇を取る。…………『血染めの髑髏《ブラッディスカル》』…………殺してやる!」

大切な人達の命を奪った相手に、復讐することを望む、アイリス。

(このまま無理に孤児院に預けても、何の解決にならない)

そう考えたシンは、アイリスに自分の弟子にならないか、自分と一緒に暮らさないかと提案する。

最初こそ、やむを得ない理由からアイリスを引き取ったものの、同じ屋根の下で暮らす内に、10歳年下の少女を、実の娘のように溺愛するようになった、シン。
アイリスもまた、自分に無条件の優しさを向けてくれるシンをすぐに信頼し、実の父親のように甘える事で、大切な人達を喪った悲しみを少しずつ癒していく。

これは、そんな2人が、師弟として、家族として、絆を深めていく物語ーー

『ノベルアップ』でも連載してます。

ペンネームの由来にもなっている作家さんの真似をして、21ページの後書きに、作者からの挑戦状を作っています。
ちなみに答えは、第1章の終盤の直前に。

※注※
この作品は、私にとっての処女作であり、いろいろ試行錯誤しながら書いているため、文体が安定していません。
具体的には、最初は三人称で始まりますが、5ページ目位から三人称と一人称が同じページに混在するようになり、10ページ目位からは完全なる一人称となっています。
いずれは、全ページを一人称に書き直そうと思っていますが、とりあえず今は書き進める事を優先します。ご了承ください。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

496,577

評価pt

167

最終更新日

2021年07月21日 13時06分

掲載日

2018年12月22日 09時54分

この作家の更新小説