『最後に残ったのは、竜との約束……』

人間族と亜人種が存在する大陸において、両者の対立が厳しい時代……。

そんな時代、あらゆる人種との共存を果たしたがゆえに、人間族の勢力から『魔王』と蔑みと畏怖をもって呼ばれる男がいる。

ガルーナの気高き王ベリウス。

亜人種びいきの魔王と呼ばれた、人間族の王の一人である。

そして、このガルーナ王に仕える、『竜騎士』の一族がいた。

ストラウス。この蛮勇なる剣鬼たちは、飛竜を自在に駆り王国を守ってきたのである。

しかし、その武勇を愛する王国も滅びることとなる……。

圧倒的多数の敵を前に、竜騎士である父親も兄たちも討たれた。

ストラウス家の四男ソルジェは、一族に残された最後の古竜アーレスと共に敵陣への特攻を行う。

―――竜騎士として戦場で死して歌となることは名誉であったが……。

戦場で死んだはずのソルジェは、古竜アーレスの魔力で蘇生を果たす。

古竜アーレスの亡霊は語るのだ、同盟国の裏切りに遭い、魔王は殺されたと。

裏切り者どもを殺せと、古竜アーレスはソルジェに願う。

故郷を失い、一族を殺され、竜という翼さえ無くしたソルジェ・ストラウス。

最愛の妹の骨を指に抱きしめ、彼は復讐を誓うのだ。

それから歳月は過ぎ……仇敵、ファリス王国は勢力を増しつづけ、巨大な帝国を築き上げていた。

いくつもの戦場を経て、ソルジェは白獅子と呼ばれる老いた傭兵に拾われることとなる。

『パンジャール猟兵団』……亜人種を弾圧する帝国に反する、少数精鋭の傭兵団。

エルフの弓姫、巨人の戦士、獣人の少女に、詩人の男。

心強い仲間たちを手にしたソルジェ・ストラウス、彼が再び『竜』に出逢うとき、運命は動き出す。

……これは、13人の戦鬼と1匹の黒き竜が歌う英雄譚である……。

※熱い物語がお好きな方、どーぞお越しくださいませ。巨大な帝国と腕力と策略で戦う、ダークヒーローのストーリーです。

文字数

7,603,267

評価pt

6,054

最終更新日

2019年08月25日 21時56分

掲載日

2018年06月06日 21時12分

この作家の更新小説