中年会社員の悲恋を綴った愛の詩。
一人の女性と出逢い、男の人生が大きく変化して行く。
音も立てずに、誰にも気づかれず、ゆっくりと。
運命の交差点を彷徨い続けた男の結末は…

堅物と言われていた彼の過去が徐々に紐解かれ、現在と過去のギャップに驚かされる。どれだけの努力を積めばこうなれるのか。決して派手では無いが(装っているだけ)社会人として見習う事も多々あり、尊敬されているのだが、酒とオンナに弱いのが玉に瑕。

上司と部下、正社員と派遣社員、男と女、女と女…。
様々な立場と感情が奏でる狂詩曲[ラプソディ]。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

178,638

評価pt

28

最終更新日

2022年08月09日 17時00分

掲載日

2022年05月10日 03時50分

この作家の更新小説