異世界に召喚され、色々あって今は街外れで小さな質屋を営む少年、トワル。
 そんな店へある日、怪しげな青い宝石が持ち込まれる。
 トワルはそれを買い取るが、客が帰ったあと宝石から光が溢れ出し、一人の少女が姿を現した。
 少女は告げる。自分は伝説の呪いの宝石の化身。手にした者にあらゆる不幸をもたらし、数多くの所有者を破滅させてきた、と。
 そして少女はトワルに、命が惜しければ早く自分を手放すようにと命令するのだが……。
 異世界召喚された少年と呪いの宝石の化身の少女による質屋経営&遺跡探索ラブコメディ。
 ※「小説家になろう」にも同名義同タイトルで投稿しています。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

空論

キーワード
ブックマーク登録

7

文字数

188,786

評価pt

6

最終更新日

2022年09月22日 17時00分

掲載日

2022年05月15日 17時52分

この作家の更新小説