貴族の三男坊であるミトロフは、幼いころから太っちょだった。
 食う寝るしか能がないと見限られ、父に家を追い出される。
 仕方なくミトロフは迷宮で生活費を稼ぐことになる。
 狩人のエルフ・グラシエと出会い、迷宮を探索し、強敵と出くわし、でかい銭湯に入り、仲間を作り、やがてミトロフは自分の中にあった活力を見つけていく。

*第二章、連載開始しました。
 第二章最後まで書き上がっております。8/10まで毎日更新中。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

ウラヤマカイサク

キーワード
ブックマーク登録

6,064

文字数

208,798

評価pt

34,692

最終更新日

2022年08月10日 07時00分

掲載日

2022年06月03日 15時05分

この作家の更新小説