人殺しでも、幸せになれるのか———
絡みつく過去の罪を振り払い、少年は「生きる」為に戦いへと身を投じる。
過去の運命と、一族の宿命に揺さぶられながらも、それでも少年は自らの幸せを追い求める。

…これは、そんな主人公「白」の、贖罪とアイの物語である。







今後数年に渡って展開していく『Project:Wit』、その一つ目の物語、『もしも願いが叶うなら』は、ギャグ1.5割、シリアス……8.5割のバトルファンタジーです。
後々オムニバス形式で繋がってくる他の物語とも、まあほんの少しぐらい接点はあります。

最後の最終盤で、『これは名作だ』と言わしめてみせます、必ずです。

……だから是非、この部だけでも最後まで追ってみてください、絶対に言わしめてみせますから。

文学作品……ってよりかは、少年マンガ寄りの作風です、表現よりストーリー重視(それでも本気で描いてます)


ですが「「一部グロ要素アリ」」
となっております。
不定期更新です、予めご了承ください。
ただ最近は毎日投稿してたりします。
*物語の感想とか来たらめちゃくちゃ喜びます、是非感想をお寄せください。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

カレンダー

キーワード
ブックマーク登録

27

文字数

406,346

評価pt

39,462

最終更新日

2022年10月02日 19時01分

掲載日

2022年06月05日 20時42分

この作家の更新小説