「アパートまるごとサイコパスの巣窟でした」

 表屋空が越してきた一見オンボロアパート【オトギリ荘】。そこには一風変わった人たちが住んでいた。
 会うたびにリンゴを勧めてくる少女。行き倒れていた黒い服の大男。情報の世界に生きる少年。薬品の匂いのする男。霊が見えるという女性。拙い言葉で他者を貶める少女。イカれた女。そしてミステリアスな管理人。
 
 唯一まともを自称する表屋空だが、彼も「たとえ友人からでも人からもらったものが食べられない」というズレを抱えている。しかしそれだけではないようで……?
 
 これは、あるアパートに住む人々の異常な日常の物語

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

日向はび

キーワード
ブックマーク登録

9

文字数

49,434

評価pt

6,382

最終更新日

2022年07月12日 22時44分

掲載日

2022年06月25日 10時01分

この作家の更新小説