暗闇の中で憤怒の業火は闇すら焦がした。あの糞共、害虫を全員残らずぶっ殺してやると。その夥しいほどの憤怒を眺め、上位者は、そうか、と言った。男は歪に笑った。身を焦がす憤怒に炙られ、しかし男の表情は笑っていたのだ

文字数

46,805

評価pt

20

最終更新日

2019年07月23日 12時08分

掲載日

2019年01月02日 11時47分

この作家の更新小説