「聖女の顔が好みじゃないんだ」聖女の婚約者である王太子は言った。しかもそれを理由に聖女の地位を奪おうとしているという。冗談じゃない。奪われる前にこっちから捨ててやる。そうして聖女は失踪した。それから半年後……王都は大変なことになっていた。呼び戻しにきた騎士にケイナはいくつかの条件を突きつける。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

日向はび

キーワード
ブックマーク登録

17

文字数

4,731

評価pt

1,632

最終更新日

2022年07月09日 11時42分

掲載日

2022年07月08日 21時24分

この作家の更新小説