「実家に帰らせていただきます!」浮気はしてはいけないことである。侯爵夫人のジルベルタはそう信じていた。ところが結婚3年目に夫の浮気が発覚。理由はジルベルタが美しすぎて手が出せないから。「なんだそれ、意味わからない。貴方異星人ですか?」理解不能な理由、元から愛していない夫。勢いで離婚を宣言したジルベルタの元に、かつて戦争に行った幼馴染が現れる。「俺は浮気しないよ。ジルベルタ」「それってつまりプロポーズ?」

番外編 目次
・護衛の話・浮気相手の話・子供の話・戦時中の話・結婚式

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

日向はび

キーワード
ブックマーク登録

2,080

文字数

38,235

評価pt

419,603

最終更新日

2022年08月09日 13時11分

掲載日

2022年07月31日 10時10分

この作家の更新小説