自身の欲望に従い、欲しいものは奪い、食いたいものは食い、やりたい女とやって生きてきた。
気に入らない奴は殺して、海や山に埋めたりして、面白そうなことがあればそれに混ざって、たまにはいいことをして自己満足した。
そんなことをしていれば当然恨まれ、ある時、頭に銃弾をぶち込まれて死んだ。
そして、よくわからない場所で神様っぽい奴から魂が穢れ過ぎていると言われて、何かの穴の中にポイっと捨てられるが、小学生くらいの幼女に拾われて、契約を交わして、魔法があったり、魔物がおる別世界で転生することになった。
その別世界で村の農民の三男として生まれ変わり、まあまあの努力をして、辺境地方の都市で、治癒院の院長として今は働いている。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

愚鈍なる堕落王

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

1,081

評価pt

0

最終更新日

2022年08月06日 08時50分

掲載日

2022年08月06日 08時50分

この作家の更新小説