幼馴染で二つ年上のカイルと婚約していたわたしは、彼のために頑張っていた。
王立学園に先に入ってカイルは最初は手紙をくれていたのに、次第に少なくなっていった。二年になってからはまったくこなくなる。でも、信じていた。だから、わたしはわたしなりに頑張っていた。
 なのに、彼は恋人を作っていた。わたしは婚約を解消したがらない悪役令嬢?どう言うこと?
 わたしはカイルの姿を見て追っていく。
 ずっと、ずっと・・・。
 でも、もういいのかもしれない・・・。


 予定より長くなりそうなので、短編から長編に変更させていただきます。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

彩華(あやはな)

キーワード
ブックマーク登録

10,597

文字数

52,085

評価pt

5,245,169

最終更新日

2022年10月05日 08時14分

掲載日

2022年09月05日 21時33分

この作家の更新小説