明治維新の頃、福岡藩において高杉晋作や西郷隆盛に並ぶ英雄が存在していた。
だが、その人物は時代の流れと共に忘れ去られようとしている。
その人物の名は『加藤司書』。
戦時中においては国歌の次に歌われたいたとされる今様、
「皇御国の武士は いかなる事をか 勤むべし ただ身にもてる真心を 君と親とに尽くすまで」
これを歌った人物はどの様な者であったのか。
少し紹介させていただきます。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

歴史

作家

天海波平

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

12,091

評価pt

0

最終更新日

2022年09月23日 09時00分

掲載日

2022年09月23日 09時00分

この作家の更新小説