まんまと少女の姿をした吸血鬼にたぶらかされ、捕まってしまったエクソシストがいた。
どうにか寝首をかこうと模索するエクソシストと、維持悪く笑う吸血鬼のやり取りは夜通し続いた。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

恋愛

作家

【偽】ま路馬んじ【養殖】

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

6,181

評価pt

0

最終更新日

2022年09月23日 17時03分

掲載日

2022年09月23日 17時03分

この作家の更新小説