津山線に突如現れた、謎の気動車。
その名は、「SAKU美SAKU楽(さくびさくら)」。
土日祝日に2往復、快速「ことぶき」に併結される。

車体はなんと、ピンク!
車内は、壁が茶色で座席が緑。
なぜか、各席にテーブルが置かれている(撤去可能)。

そんなにナウじゃないけど、気軽に乗れそうなイベント列車。
~横浜銀蝿の「I love横浜」風に表現してみました。
乗車するには、事前に指定席券が必要。
アプリで予約すれば、何と、弁当とお土産もあるそうな。

まあでも、ビジネスユースで席を確保って目的での利用もできる。
そういうわけで、ちょっと、出張に色を添えてみたのが、これ。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

エッセイ・ノンフィクション

作家

与方藤士朗

キーワード
ブックマーク登録

6

文字数

8,801

評価pt

24

最終更新日

2022年12月03日 03時00分

掲載日

2022年11月20日 11時02分

この作家の更新小説