守神の巫女、神代夢華は任務中に重傷を負ってしまう。彼女が何とか逃げ込んだ寂れた神社に残された、“最強の妖怪が眠っている”という伝承。夢華は薄れる意識の中で、やや自暴自棄になりながら藁を掴むかの如くその妖怪に縋った……。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

田中髑髏

キーワード
ブックマーク登録

3

文字数

12,612

評価pt

3

最終更新日

2022年12月05日 20時58分

掲載日

2022年11月23日 23時34分

この作家の更新小説