カタカタカタカタ

 キーボードを打つ音が、定時を過ぎ残業時間も超過した事務所の中にこだまする。

 浅川里梨子は事務員だ。
 今日も一人会社で残業をしていた。
 すると、

 ピポピポルン、ピポピポルン。

 何がしかの、警告音か着信音かのような音が里梨子の鞄あたりから鳴り響く。

「げ」

 その音はどうやら彼女のカバンの辺りから鳴っているようで――――?

 これは社会に押しつぶされそうになった女性が、大切な物から力を貰いまた力を還してゆく、巡り巡るストーリー。

 この作品は、武 頼庵(藤谷 K介)様・XI様合同企画『穏やか事務員さんの真実!!企画』参加作品です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

5,458

評価pt

0

最終更新日

2022年11月24日 23時54分

掲載日

2022年11月24日 23時54分

この作家の更新小説