「アルフレッドさんは使いものになりません。能力が中途半端です」
 パーティーリーダーであるダンゲルは、年上の部下であるビーストテイマーをクビにしようと企んでいた。
 ダンゲルは冒険者街で、最も若くAランク冒険者チームの長となったやり手だ。野心家なだけでなく、10年来の友人でも平常心のままクビにできるメンタルを持つ男である。

 ドアが開くと、ビーストテイマーであるアルフレッドが姿を現した。
 アルフレッドは無名のビーストテイマーだ。人と話すことは得意ではないが、動物とは気兼ねなく話をできるという典型的な動物使いである。
「話とは何ですか、ダンゲル隊長?」
「アルフレッドさん。こっちに座ってください」
 ダンゲルは違約金の入った革袋を出すと、今まさにリストラを行おうとしていた。

…………
…………
…………

サイレンスアロー「なお、主人公のアルフレッドは物凄く有能ですが、最強系主人公ではありません。敵が手強くなれば苦戦もしますし、1着をとれない場合もあります。あしからずご了承ください」
アルフレッド・ダンゲル「「お前は11話まで出てくるな!」」

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

スィグ

キーワード
ブックマーク登録

12

文字数

59,354

評価pt

28

最終更新日

2022年12月09日 10時08分

掲載日

2022年11月25日 00時24分

この作家の更新小説