ある日、雪代尚弥はネトフレと一対一のオフ会を開いた。
 自分にだけ心を許しているその人物――縁は、まさかの干物系の女の子。そのことにも驚いたのだが、しかし開口一番、彼女の口にした内容に尚弥はさらに驚くのだった。

「私は本物の神様だ!」

 もちろん、最初は信じていなかった尚弥。
 しかし彼女の力を見せられ、信じざるを得なくなってしまう。そしていつの間にか、縁は彼の部屋に居座るようになるのだった。
 少女曰く『自分はまだ見習いであり、多くの人の縁を結ぶ試験を受けなばならない』とのこと。そのために、何かの縁だということで彼女は尚弥に手伝いを頼むのだった。

 縁は司令塔、尚弥はその補助役として。
 二人は協力し、恋に悩む若者たちの縁を結んでいくのだった。


 これは人の心に寄り添い、心を結ぶ物語。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

5,796

評価pt

16

最終更新日

2023年01月25日 21時01分

掲載日

2023年01月25日 11時29分

この作家の更新小説