――――――望まれるのなら、魔王だって救ってみせる。



 魔法は使えない、身体能力は人間以下そんなゴブリンが勇者になる!?
 最強のゴブリン、ここに爆誕!

 様々な種族が共存する、とある世界のとある国――。
 ゴブリンであるゼルは帝国騎士の頂点である勇者に憧れていた。
 帝国騎士は戦闘能力の高い者ものたちで構成されたエリート集団である。
 18歳になったゼルはその帝国騎士入団試験を受ける。
 全種族の中でも最弱と言われているゴブリンであるが、血の滲むような努力でそのハンデを乗り越えたゼルは入団試験に合格する。
 しかし、ゼルが配属されたのは騎士団の中でも最低最悪と評判の第7師団だった。
 

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

30,207

評価pt

0

最終更新日

2023年05月30日 10時44分

掲載日

2023年05月26日 12時27分

この作家の更新小説