とある女が死んだ。
殺された。
それはありふれた死だったが、その死後は普通ではなかった。
死んだ肉体を乗っ取り、妖狐が目を覚ました。

これはその死からはじまる物語。


*こちらはハーメルンにて開催された「陰鬱曇らせ杯」の参加作品です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

黒葉 傘

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

24,555

評価pt

0

最終更新日

2023年11月21日 01時25分

掲載日

2023年11月16日 00時05分

この作家の更新小説