フォーゲル大陸にあるアードラシア帝国。
強大な軍事力と広大な領土を保有するこの帝国では、帝位を巡って争いが起きていた。

皇太子が決まらず、皇帝の子供たちがあの手この手で勢力拡大を狙っている中にあって、絶対に皇帝にはならないだろうと評される皇子がいた。
第七皇子、アルノルト・レークス・アードラー。双子の弟にすべてを持っていかれた出涸らし皇子と揶揄される少年だ。

無能で無気力。毎日遊び惚ける放蕩皇子であるアルノルトだが、裏では大陸に五人しかいないSS級冒険者・シルバーという顔を持っていた。
そんなアルノルトだが、激しさを増す帝位争いを見てある決意をする。
「死ぬのは嫌だし、弟を皇帝にするかぁ……」と。

これは皇帝の地位なんてさらさら興味のない皇子のハチャメチャな暗躍話である。



ぜひ一話だけでも目を通してみてください。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。

スニーカー文庫にて五巻まで好評発売中です

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

1,669,675

評価pt

371,204

最終更新日

2021年04月27日 21時03分

掲載日

2019年02月03日 00時00分

この作家の更新小説