舞台は〝欧羅巴〟
時は〝英佛〟戦争のさなか
主人公のローエには幼少の記憶がない
覚えているのは故郷が〝日本〟ということだけ
墨呪と呼ばれる力で狼に姿を変えたローエは、一人の少女をさらう
彼女は〝欧羅巴〟の王を選定する力を持った、〝戴冠の少女〟だった

ジャンル

ファンタジー

作家

ふて寝

キーワード
ブックマーク登録

1

文字数

103,138

評価pt

0

最終更新日

2019年03月09日 19時32分

掲載日

2019年02月15日 05時27分

この作家の更新小説