誰もが振り返るほど美しく…それでいて消えてしまいそうな程儚げな青年、洋と、突然会社の手違いで同居することになった。丈と洋…お互いが徐々に歩み寄り、お互いを知る度に少しずつ解き明かされていくのは、二人が出会った本当の理由だった。甘く切ない月明りのような繊細な恋物語を、スケールの大きな長編を目指して、じっくり描いていきます。

今後公開予定の『悲しい月』と『月夜の湖』との3部作になりますので、合わせて読んでいただけたらお話がぐっと深まります。

◆但し輪廻転生&トリップ・R18・無理矢理を含みます◆苦手な方は閲覧ご注意下さい。
◆ご注意とお願い◆
 凌辱の描写はありますが、すべての出来事に未来へ繋がる意味があり、主人公が、どん底から浮上していくお話を真剣に書いています。どうかご理解くださいませ。

 Blove様で連載中のものを、文体を整え、加筆修正して『改訂版』としてこちらで連載していくことにしました。どうぞよろしくお願いします。

表紙は、きよさく様@_Kiyosaku の作品です。
月のように重なる、丈と洋の見つめ合う表情が素晴らしいです。
本当にありがとうございます。大切に使わせてさせていただきます。

ジャンル

BL

作家

志生帆 海

キーワード
ブックマーク登録

226

文字数

1,642,468

評価pt

286,914

最終更新日

2019年08月26日 06時56分

掲載日

2018年09月07日 12時20分

この作家の更新小説