ある日映子の目の前に突然現れた、甘澤と名乗る男。
ほんわかいつもにこにこの甘澤さんは、いつの間にか映子の日常に入り込んでいた。

大昔に甘澤さんが映子の先祖と交わした約束とは?
甘澤さんの正体とは?

今を生きる映子と、時折大昔に想いを馳せる甘澤さん。
甘澤さんをよく知らないけれど惹かれる映子と、映子をよく知り大好きだと言う甘澤さん。
2人のすれ違いは、いつまで続く?

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

文芸

作家

手鞠

キーワード
ブックマーク登録

0

文字数

18,746

評価pt

6

最終更新日

2020年07月27日 19時46分

掲載日

2019年03月05日 00時50分

この作家の更新小説