異世界に転生した少年は辺境の貴族の家で生まれ、アレル・ウォルティーゼとして十五歳の誕生日を迎えた。
この世界では、十五歳になると神様から特別なスキルを与えられる。
貴族は武力を持つ者ほど地位が高い。アレルは戦闘に役立つスキルを欲しいと願っていた。
――だが、神様から授けられたスキルは『盗賊』と『鍛冶』。およそ戦闘で役立つものとは思えなかった。アレルは家を出て、貴族ではなく冒険者として生きることを決意する。

しかし、村を出てから気づく。
この二つのスキルは外れスキルではなかったということを。組み合わせることで、より強くなれることを。

「アルファポリス」でも投稿中

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

蒼野康貴

キーワード
ブックマーク登録

279

文字数

23,836

評価pt

771

最終更新日

2019年03月13日 21時40分

掲載日

2019年03月07日 19時36分

この作家の更新小説