誰にでもいつでも連絡できる機械を握りしめてさみしさが浮き彫りになる現代の、くどいがちょっと乾いたような愛情表現に溺れて、私たち、使い捨てになってくんだろうか。

       ◆

 死への(もしくは生への)過程の記録。
 生きるために書きます。

       ◆

 何処にも届かない。

       ◆

 このエッセイは自殺を推奨するものではありません。

ジャンル

エッセイ・ノンフィクション

作家

五水井ラグ

キーワード
ブックマーク登録

50

文字数

360,734

評価pt

52

最終更新日

2020年07月01日 19時42分

掲載日

2016年04月16日 12時57分

この作家の更新小説