動物が大好きなのに、なぜか動物に怖がられる少女、カナタ。
どうしてもモフモフしたいカナタは、幼心に良いことを思いつく。

動物が駄目なら、魔物使いになって魔物と仲良くなればいい。
そうすれば思う存分モフモフさせてもらえる。

そう考えたカナタは、魔物使いになるために努力した。
いや、努力しすぎてしまった。

15歳になったとき、カナタは(本人が)最強の魔物使いになっていた。

モフモフしてるなら魔物の強さなんて関係ない。
カナタは沢山のモフモフたちと仲良く旅をするのだった。

以下、仲間になっても特に戦わせて貰えないモフモフたち。

魔王ザグギエル(ザっくん)←ゲット!
神狼フェンリル(フェンフェン)←ゲット!
屍姫エリザヴェト(エリたん)←ゲット!
邪龍ヴリドラ(ヴリりん)
空鯨モーングラム(モっさん)

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

文字数

275,226

評価pt

51,920

最終更新日

2022年08月08日 19時00分

掲載日

2019年04月03日 18時00分

この作家の更新小説