魔王軍の任務がイヤで、農業をしていたら、なぜか称賛されて、昇進してしまうワンダ。内心では平穏を望むが、様々な事態に巻き込まれ、後戻りできなくなり、せっかくだからと魔王を目指すことになる。

 農業や開拓をして魔界を豊かにしたり、人を助けて良い関係を築いたり、現魔王や勇者に認められたりしていく内に、ワンダを中心に魔物も人も徐々に変わっていく。

 これは、本当は小物で下級の魔物が、勘違いで周りに持ち上げられた結果、最終的に魔王になって世界を変える物語。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

ファンタジー

作家

鏑木カヅキ(鏑木かなえ)

キーワード
ブックマーク登録

34

文字数

115,598

評価pt

9

最終更新日

2019年04月27日 17時52分

掲載日

2019年04月05日 19時07分

この作家の更新小説