勤めた会社でリストラにあった木下藤吉(きのした ふじよし)。
彼は趣味の古戦場巡りから戦国時代にタイムスリップする。
しかし、そこは彼が知っている戦国時代と微妙に違っていた。
そこで彼は織田家に仕えることになる。

仕えるのは信秀、違う。
信長、違う。
じゃ~、信行、違う。

何故か市姫に仕えることになる?

名前が某有名天下人に似ていた為、それが講じて歴史好きになった藤吉の成り上がり戦国絵巻が開幕。

ジャンル

歴史

作家

巻神様の下僕

キーワード
ブックマーク登録

209

文字数

352,556

評価pt

51

最終更新日

2020年05月23日 08時00分

掲載日

2019年04月09日 08時00分

この作家の更新小説