「異世界転生してみないか?」

見覚えのない部屋の中で神を自称する男は話を続ける。
神の暇つぶしに付き合う代わりに異世界チートしてみないか? ってことだよと。

特に悩むこともなくその話を受け入れたクロムは広大な草原の中で目を覚ます。
突如襲い掛かる魔物の群れに対してとっさに突き出した両手より光が輝き、この世界で生き抜くための力を自覚することとなる。

なんでもアリの世界として創造されたこの世界にて、様々な体験をすることとなる。
・魔物に襲われている女の子との出会い
・勇者との出会い
・魔王との出会い
・他の転生者との出会い
・波長の合う仲間との出会い etc.......

チート能力を駆使して異世界生活を楽しむ中、この世界の<異常性>に直面することとなる。
その時クロムは何を想い、何をするのか……


このお話は全てのキッカケとなった創造神の一言から始まることになる……

ジャンル

ファンタジー

作家

日向ぼっこ

キーワード
ブックマーク登録

82

文字数

120,473

評価pt

250

最終更新日

2019年08月20日 17時11分

掲載日

2019年04月10日 19時36分

この作家の更新小説