「──。……お前は、本当の意味で人間じゃねぇのかも知れねぇな」
 ひととして生きていくとはどういうことだろうか。
 同じ人間なのになぜこうも違う。
 理解と衝突、調和と不和。繰り返される過ちと永遠に蟠る感情。
 ……わたしが選び取ったのは──。

――――――――――――――――――
 ※文体・台詞の癖が強いかも知れません。ご理解・ご了承ください。
 更新:一四から二一日ごとに一頁ずつを予定。
 完結:四五頁。
――――――――――――――――――

文字数

1,025,966

評価pt

10

最終更新日

2020年07月24日 22時00分

掲載日

2019年04月30日 23時00分

この作家の更新小説