※2020/05/01、公開開始から1年が経ちました!
※第2章、2020/02/17 から公開開始!

 ――もう交わらないと思っていたのに。
 諦めきれない恋と、芽吹きかけの恋。
 少し切ない恋路は、ひたすらまっすぐに交わり続ける。
 時に不協和音になりながら、奏で合うのは青春組曲――。

 学園祭マジックでできた友人の彼女は疎遠気味だった自分の幼なじみで、
 それを運悪く聞いて泣いていたのはその友人の幼なじみだった。
 北国の高校1年生、吹奏楽部員の海江田瑞希にとって、
 決して不仲には見えない似合いのカップルのはずなのに、
 幼なじみはかつてのように触れてこようとする。
 だけど瑞希は、傷心が癒える様子の見えない友人の幼なじみも気がかりで……。



<メインキャスト>
・海江田瑞希
本作主人公。
公立月雁高校1年7組。吹奏楽部、オーボエ担当。
10月11日生まれ。細身の178cm、明るめブラウンのミディアムショート。
過去の一件から、極力当たり障りのない人間関係を好むタイプ。
幼なじみの恋愛がらみで、まだなんとなく傷心気味。

・御薗聖歌
瑞希の幼なじみ。
公立月雁高校1年3組。合唱部、ソプラノ担当。
12月31日生まれ。ぱっと見では華奢な印象の153cm、肩よりやや下まで伸びた明るめブラウンヘアー。
おとなしくて照れ屋だが、人前で歌うことは苦ではない。
どこかにひっかかりがあるような雰囲気。

・水戸祐樹
聖歌の彼氏。付き合って4ヶ月くらい。
公立月雁高校1年3組。野球部。ポジションは外野手。
4月18日生まれ。比較的痩身の169cm、黒の短髪だが坊主頭ではない。
基本的に明るく元気、というかすこしうるさいかも。

・仲條亜紀子
祐樹の幼なじみ。
公立月雁高校1年7組。硬式テニス部。
6月3日生まれ。157cm、ダーク目のブラウンのショートボブ。
こちらはさらに傷心気味だが、がんばって吹っ切ろうとはしている。



<全10章構成(予定)>
1. Pathetic Prelude 【完結済み】
     :プロローグ1年次7月・1年次11月〜2月
2. Soir Sonnet【公開中】
     :1年次3月〜2年次4月
3. Melancholic Minuet
     :2年次6月〜7月
4. Lapis Lazuli Rhapsody
     :2年次8月〜9月
5. Crossroad Cantata
     :2年次10月
6. Apricot Aria
     :2年次冬〜2月
7. Pendulum Partita
     :2年次3月〜3年次5月
8. Recurrent Requiem
     :3年次6月〜8月
9. Capricious Concerto
     :3年次9月〜12月
10. Sacred Symphony
     :3年次1月〜卒業、エピローグ

ジャンル

恋愛

作家

御子柴 流歌

キーワード
ブックマーク登録

90

文字数

484,599

評価pt

52

最終更新日

2020年05月22日 21時56分

掲載日

2019年05月01日 22時00分

この作家の更新小説