かつて魔王をワンパンで倒した英雄の血を受け継ぐ人間が暮らす英雄村。
村で案内人をしていた主人公は、役に立っていないという理由で、半ば追放同然で飛び出す。
気がつけば、そこは東の端にある王都だった。

村では無能呼ばわりされた主人公だが、王都では「普通」じゃない強さと知識を見せつける。

大きなトカゲ(ダークドラゴン)を駆除したら喜ばれ、村ではゴミ同然の薬草を売ったら、高値で取引。村では生まれたばかりの子供でも読める古代言語を読んだら、先生と呼ばれる。

村で虐げられた青年が、王都で英雄扱いされる物語。

※2018/08/20 序盤を改稿いたしました。
※タイトル変わりました。
旧題「村人Aをクビになったので、冒険者Fになります ~村の入口に立っている看板村人の成り上がり~」

ジャンル

ファンタジー

作家

延野正行

キーワード
ブックマーク登録

3,094

文字数

168,330

評価pt

8,118

最終更新日

2019年09月11日 18時00分

掲載日

2018年08月13日 02時33分

この作家の更新小説