翔太は都立高校の二年生。
不思議な惑星の夢を見るようになったのは、高校に入学してからだ。
夢の中の翔太は大空を自由に飛んだり、念力で物を動かしたり出来る。
ある日、翔太は夢の中でミュレーナという美しい姫と出会う。彼女はその惑星の高い塔の天辺に幽閉されていた。
姫は翔太が密かに憧れている同級生の美緒と瓜二つだった。
姫を救い出そうとする翔太だが、惑星を乗っ取ろうと企む異星人に不意打ちされてしまう。
あまりにも夢がリアル過ぎるため、やがて翔太は夢が現実だと気づく。
再び姫を助け出そうと、惑星の人々と協力し、救出作戦を実行する翔太の前に、異星人の王バラムが立ち塞がる。
バラムは妖術を駆使し、翔太を追い詰める。
翔太は姫を救い出せるのか・・・。

恋愛、勉強、バイトに大忙しの翔太。
美緒との恋の行方にもご注目ください。
仏教の六神通に材を取った作品です。

リンク切れ申請
(※掲載サイトで削除されている場合こちらから申請ください。)

ジャンル

SF

作家

宇目 観月(うめ みづき)

キーワード
ブックマーク登録

2

文字数

151,895

評価pt

30

最終更新日

2019年11月14日 09時02分

掲載日

2019年05月08日 14時40分

この作家の更新小説