思い出とか、最近のこととか?
n番煎じでもなんでも、どうでもいいのです。
少しでも現役高専生の参考になればいいです。

モチベが続く限りは毎日22時に更新するのです!

ジャンル

エッセイ・ノンフィクション

作家

ありふれた、珍しい名字

キーワード
ブックマーク登録

4

文字数

77,932

評価pt

3

最終更新日

2019年10月19日 22時32分

掲載日

2019年07月08日 22時07分

この作家の更新小説

  • 赤が好きだと、君は云った。 ありふれた、珍しい名字

    君は赤に対してこだわっていて、ピンクだとかバイオレットだとか、そんな色は赤ではないと、とても敵対視していたね。そんな様子がとても可笑しくて、今思えば、好きなものをキラキラとした目で語る、そんな君が...