踊りによって奇跡を引き起こす、舞姫。
孤児で鈍臭いケーリィンも、その一人だ。
崇拝対象というより、愛玩動物っぽい彼女が舞姫として踊りを捧げることになったのは、田舎の小さな街。

元いじめられっ子で天然培養の少女が、護衛のお兄さんから過剰なスキンシップを受けたり、地蔵のごとく色んな人に頭を撫でられつつ、少しずつ一人前の舞姫として自信を付けていく。
そんな、小さな山あり谷ありな日常譚。

(※下世話な会話に備え、念のためR15指定としました。エロとグロの予定はございません)

文字数

56,537

評価pt

230

最終更新日

2019年08月21日 23時56分

掲載日

2019年07月09日 21時00分

この作家の更新小説