ロアは全く関心がなかった。
セウは飽きてしまった。ーーー生きるという事に。
嗜虐趣味者の性奴隷として生きた長い長い年月。犯され続け死を望むセウを助けたのは、強くなる事だけを求め続けた無口で無関心で無愛想な男だった。二人の間に生まれた少しの独占欲と依存、そしてその後。すれ違い、過去に翻弄される2人。それでも生きる、その向こうにあるものとは。
予告無く性描写や残酷な表現など有ります。
不定期更新
完全版

ジャンル

BL

作家

どんぐり

ブックマーク登録

64

文字数

83,558

評価pt

178

最終更新日

2020年12月05日 14時13分

掲載日

2019年03月09日 14時30分

この作家の更新小説