ベルタの嫁入りが決まった。国王のもとへ、二番目の妃として。


 血統至上主義の現王室は数世代に渡る血族結婚を繰り返し、その血脈を痩せ細らせていた。血筋のみを重要視した悪政が続き、国力は低下するばかり。

 斜陽にある王家が取った苦肉の策は、これまで被支配階級であった辺境の民族から妻を娶り、国内勢力と融和すること。白羽の矢が立てられたのが、辺境領主の中では最大派閥と噂されるカシャの嫡女ベルタだった。

 夫に愛されるわけもなく、正妃とは政治的に対立することを余儀なくされるハードモードな新婚生活。ベルタは受難の予想される日々を耐え抜いて、役目を終えた妃として市井に下賜される日を待ちわびることにした。




 しかし、ベルタの結婚当初の計画は、すべての関係各所にとって予想外の事態によって潰えてしまう。

 ベルタは嫁いで早々の三夜の儀式で、国王の子を身ごもってしまったのだった。



ジャンル

恋愛

作家

向日葵

キーワード
ブックマーク登録

17,894

文字数

153,406

評価pt

49,664

最終更新日

2020年01月25日 20時30分

掲載日

2019年07月18日 00時21分

この作家の更新小説